赤ら顔って治してもらえるの?

赤ら顔の治療法とは?


「田舎の子供みたいにほっぺが赤い」「赤ら顔がコンプレックスで化粧で隠している」などの赤ら顔で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。赤ら顔の原因は、皮膚の毛細血管が拡張されうっ血することで赤くなってしまいます。赤ら顔は、顔の皮膚が薄い人や肌の色が白い人に出やすいでしょう。赤ら顔は、光エネルギーと高周波エネルギーを組み合わせたフォトフェイシャルやフォトRF、やEライトやE-maxなどのレーザー治療で毛細血管の拡張が正常な状態に改善されます。個人個人の赤みの強さや症状により、回数を決めて治療していきます。適切な方法を知るためにも、まずはクリニックの医師やカウンセラーと、しっかりカウンセリングすることが必要になるでしょう。

レーザー治療の値段やメリットやデメリットは?


赤ら顔の救世主であるレーザー治療。フォトRFの1回の治療費は、顔のみで3万円前後、首のみで1万3000円前後になります。部位をセットにしたり、回数で割引になるクリニックもあります。レーザー治療の最大のメリットは、手軽に治療でき、レーザーをあてるだけで赤ら顔が治療できることです。さらに、ピンポイントで赤みを改善することができ即効性も期待できます。なかには、1回のレーザーで改善される人も。反対にレーザー治療のデメリットはレーザーの副作用がでて、むくみや腫れ、内出血の可能性があることです。しかし、これらの副作用は時間とともに治っていきますので、ご安心を。また、効果には個人差があり、数回では効果を感じない人や5回以上で効果を感じる人もいます。